のびやかな想像力を絵に。
枠を超える創造を一緒に。

 

障害のある人々をイラストレーターとして迎え
協働するデザインチーム
 
 
想造楽工とは、障害のある人々と一緒にデザインワークを生み出す場です。 
福祉施設で働く利用者の方々をイラストレーター(商業美術家)として迎え、
色々な素材・モチーフで絵を描いてもらい、デザインを加えて完成させます。
 
自社プロダクトを作って発信をしていきながら、新たな価値創造に向けて、
様々な企業・団体の方々とのコラボレーションを目指します。
 
障害のある方の持つ素晴らしい世界観を身の回りに落とし込み、就労支援として仕事の創出を図ります。
チームとしてブランドとして、また学校のように交流し学び合う場を創っていきます。
 
 
 

 
 
 
 
 
今回は「NPO法人しあわせのたね」利用者さんの中から3名のイラストレーションを起用し、
東京都八王子市の職人さん・作家さん達と衣食住に落とし込んだプロダクトを作りました。
質・内容・デザインまでこだわった、とっておきの品々です。
ユーモアたっぷりの心和むイラストレーションが高い職人技術と融合され、
身の回りの景色をのびやかな世界観で演出します。
 
八王子オクトーレ(旧東急スクエア)
クリスマスデコレーション
 
client|リオ・モールマネジメント
illustration|Mitsuki Suga
photo|Ryoma Suzuki
八王子オクトーレ(旧東急スクエア)
仮囲いデザイン・ペイント
 
client|リオ・モールマネジメント
illustration|Mitsuki Suga
photo|Ryoma Suzuki
企業ノベルティ(株式会社ニューモア)
アートショップ ちいさなたね内装(NPO法人しあわせのたね)
カフェ内装(NPO法人しあわせのたね)
想造楽工では、さまざまな協働企画実現を目指しています。
ご関心のある方は、お気軽にご連絡ください。
イラストレーション  |  Mitsuki Suga
タイポグラフィ  |  mai, Keiichi Watanabe
協力  |  NPO法人しあわせのたね・NPO法人AKITEN